ゴルフのルール(打順)

2009年8月19日 16:02 | コメント(0) | トラックバック(0)

【サイズ不揃いのためプライスダウン!】【今だけ送料無料】ミズノ スタビリティスタイル ゴル...

 

ゴルフは、広いホールを18個も、1日かけて回るルールになっています。

土日など混んでいるときは、何組ものプレーヤーが順番にホールを使うので、時間に遅れないようにしたり、ボールを彼方に飛ばして他のプレーヤーを危険にさらさないなど、ルール以前のマナーには、十分気をつけたいものです。

ゴルフのプレー順序のルールは、最初のホールでは話し合って打つ順番を決めます。

始めに打つ人をオナーと呼びます。

ゴルフのホールで最初に打つ球は、ティーショットと呼ばれ、とても集中が必要なので、他の人の邪魔をしないようにしましょう。

1ホールが終わった後は、前のホールで打数が少ない順に打つルールとなっています。

同じ打数の人がいる場合は、その人たちは前のホールの打順で打つことが一般的です。

ゴルフは午前中8ホール回ったところで昼頃となり、昼食を取ります。

午後のプレー順は、前のホールのスコア順でも、話し合って決めなおしてもいいので、メンバーで相談してみましょう。

ティーショットで空振りをしてしまうこともよく起こります。

ゴルフのルール上は、空振りも1打と数えられますが、初心者の場合は、素振りとして多めに見てもらえる特別ルールもあるようです。

景色やプレーを純粋に楽しみつつも、お互いの配慮で気持ちよくゴルフをしていきたいですね。

 白髪の予防  冷え症の改善  ニキビの原因と治療  ニキビの予防
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

人気のあるゴルフ場とは(ゴルフ会員権)
ゴルフ場には、開発費用を一般から集める、ゴルフ会員権という制度があり、会員になると、メンバー料金や土日の特別枠、競技会などさまざまな特典が受けられます。
ゴルフクラブの選び方
ゴルフクラブには、ドライバー、ウッド、ファウェウッド、ユーティリティー、アイアン、パターなどの種類があり、コースや目的に合わせて使い分けます。
ゴルフクラブの選び方2
ゴルフのルールでは、14本のクラブをキャディバッグに入れてプレーすることができます。
ゴルフのルール(OB)
ゴルフの競技は、18ホールのコースを1日かけて回り、それぞれのホールでボールがカップに入るまでかかった打数をスコアとして競うルールになっています。
ゴルフのルール(打順)
土日など混んでいるときは、何組ものプレーヤーが順番にホールを使うので、時間に遅れないようにしたり、ボールを彼方に飛ばして他のプレーヤーを危険にさらさないなど、ルール以前のマナーには、十分気をつけたいものです。
ゴルフ用語の基礎(コースとホール)
ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。
ゴルフ用語の基礎(コースとホール)
ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。
ゴルフ用語の基礎(スコアとルール)
ゴルフホールは大きさによって、規定打数が決まっていて、その規定打数のことをパーと呼びます。パーを下回る少ない打数でカップに入れらるか、を競うのがゴルフの競技です。
ゴルフの練習法
ゴルフの打ちっ放しでは、場所代とボール代を払い、ネットが張られた練習場の中でゴルフクラブを変えつつ、目標のヤードや方向に飛ばせるようにスウィングを練習します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2483

コメントする



このサイトを購読する