ゴルフ用語の基礎(コースとホール)

2009年8月19日 15:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

【ワケあり・激安】タイトリスト PRO V1・V1X ゴルフボールUsed& Refinished By LINKSCHOICE...

 

ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。

コースやホールについてのゴルフ用語は、ショート、ミドル、ロングのホールと、パーが基本になります。

まずはこの4つを覚えて、少しずつ肉付けをしていきましょう。

ゴルフの競技は18ホールあるコースを回りますが、ホールは、ボールを打ってカップに入れるまでの規定打数が決められていて、規定打数のことをパーといいます。

パー3(3打でカップに入れる)ホールはショート、パー4はミドル、パー5はロングと言われます。

ゴルフは18ホール回るのに1日かかりますが、前半の9ホールをアウト、後半をインとも呼びます。

ゴルフ用語の基礎をマスターしたら、スコアに関係する用語もぜひ覚えてみましょう。

テレビの中継や、お父さんとの会話が弾むかもしれません。

 骨盤ダイエットのススメ  足のむくみ解消法  抜け毛対策
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

人気のあるゴルフ場とは(ゴルフ会員権)
ゴルフ場には、開発費用を一般から集める、ゴルフ会員権という制度があり、会員になると、メンバー料金や土日の特別枠、競技会などさまざまな特典が受けられます。
ゴルフクラブの選び方
ゴルフクラブには、ドライバー、ウッド、ファウェウッド、ユーティリティー、アイアン、パターなどの種類があり、コースや目的に合わせて使い分けます。
ゴルフクラブの選び方2
ゴルフのルールでは、14本のクラブをキャディバッグに入れてプレーすることができます。
ゴルフのルール(OB)
ゴルフの競技は、18ホールのコースを1日かけて回り、それぞれのホールでボールがカップに入るまでかかった打数をスコアとして競うルールになっています。
ゴルフのルール(打順)
土日など混んでいるときは、何組ものプレーヤーが順番にホールを使うので、時間に遅れないようにしたり、ボールを彼方に飛ばして他のプレーヤーを危険にさらさないなど、ルール以前のマナーには、十分気をつけたいものです。
ゴルフ用語の基礎(コースとホール)
ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。
ゴルフ用語の基礎(コースとホール)
ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。
ゴルフ用語の基礎(スコアとルール)
ゴルフホールは大きさによって、規定打数が決まっていて、その規定打数のことをパーと呼びます。パーを下回る少ない打数でカップに入れらるか、を競うのがゴルフの競技です。
ゴルフの練習法
ゴルフの打ちっ放しでは、場所代とボール代を払い、ネットが張られた練習場の中でゴルフクラブを変えつつ、目標のヤードや方向に飛ばせるようにスウィングを練習します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2481

コメントする



このサイトを購読する